施主様インタビュー

つながる × エピソード
クリエイトの家に住んでいる施主様インタビュー

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 打ち合わせを何度も重ねて、一緒に家を建てた、という気持ちです

新築
I様
御幸町

打ち合わせを何度も重ねて、一緒に家を建てた、という気持ちです

建築の動機
Iさん:「結婚を期に実家を出る事になり、知人の紹介で借家を借りる事に。しかし将来は自分の持ち家が欲しいと考えていたので、土地や展示場を訪問したり広告をチェックしていた所でクリエイトコーポレーションさんの存在を知りました」
丁寧な家クリエイトとの出会い
Iさん:「当時は特に家内が新居建築に熱心だった事も有り、是非吉岡さんに会って話を聞いてみて欲しいと言われましたが、当時の自分はハウスメーカーの熱心な営業訪問にやや嫌気がさしてきていた時期だったので、やや不安な心境ながらも会ってみる事に。」

「第一印象は誠実で飾らない人と感じましたが、今もその印象は変わりません。その後も家だけで無く土地探しの方でも情報を頂き、建築案件も見学させて頂いた中で、自分達の希望する家を実現出来て、なおかつ考え方に共感出来るのはこの方しか居ないと確信し、クリエイトさんにお願いする事に決めました」
設計でこだわったところ
Iさん:「畳コーナーですね(広さ・高さ・床下収納・琉球畳・PCデスク)。 寸法は適切な広さ・高さを決めるべく、色々情報を集めて何度も採寸して決めたのですが、あまり広くすると廊下が狭くなる等の兼ね合いが有り、特にこの点は苦労しました。床下収納は思ったよりも大量収納が可能で、扇風機やファンヒーターが丸ごと入ります。PCデスクは大工さんにお願いして畳コーナー上へ作って頂いたのですが、畳コーナーの高さが床より上がる分、ケーブル等見えやすくなる事を考慮して、収納棚裏にケーブル類が上手く隠れる様細工をしています。何よりもここに座ると視点がちょっと変わって特別な空間になるのが大変気に入っています。」

奥 様:「こどもも、このスペースが大好きで、みんなで上にあがっています。溜まり場ですよ(笑)」
Iさん:「無垢の檜の床板は、建築案件を拝見していて最初に気に入った部分です。特に今くらいの季節になってくると、冷たいフローリングとの差が歴然です。柔らかい素材なので傷は付きやすいですが、これも味という事で納得しています。」
奥 様:「家事室に、書き物・アイロンかけ・ちょっとした家事をする時にもし有ったら…と大工さんに相談しテーブル・棚・イスを作って頂きました。イスはテーブル下にぴったり収納出来るオリジナルで、更にその下にも収納が有ります。小さいながらも自分だけの空間が大変気に入っています。」
Iさん:「玄関〜階段周りもこだわりました。玄関から階段が見えにくい様にと要望。 かといって、完全に見えなくすると閉鎖的で暗い空間になってしまう…という事で、格子状のスクリーンとガラスブロックを設置する事で相反する難題を解決して頂きました。更にニッチも作って頂き、他には無い柔軟な対応のクリエイトさんならではの良さが出たと思います。奥さま:玄関から入って印象がいいので、私も大好きな所です。ニッチのスペースもクロスでなく木で仕上げていただき、いい雰囲気がでました」

奥 様:「収納棚・クローゼットは収納する物に併せて棚の高さが変えられる様にして頂きました。最初はちょっと狭いかな?と思いましたが、思ったよりも沢山収納出来る事に驚きました。」

奥 様:「電気コンセント等は全体からすると些細な事ですが、日々使う物だけに位置・数を入念に検討しました。各場所へ設置する電化製品の数・洗面台で右手に持って使う物だから右側に、屋外コンセントはストックヤード内の他、どこからでも使い勝手良く。当然、電化製品や家具との配置も密接に関係してきます。使いたい所にコンセントが有り、なおかつケーブルが雑多に見えにくい配置に出来ました。」
建てるまでの苦労
Iさん:「家相と機能性です。間取りは家相との兼ね合いで、当初提案頂いた物とはだいぶ変わりました。親類の家相に詳しい者に相談していた事も有り、何度も図面引き直し頂き検討しました。結果的には機能性と家相どこで折り合いを付けるか?といった所で悩みました」
「あとは、色・模様・形等、サンプルが有るものでもイメージを膨らませるのに苦労しましたね。特にサイディング・クロス・瓦など、施工範囲が広範囲に渡る物は、小さいサンプルから全体像をイメージするのはなかなか難しいです。ちょっと気になった家とかは写真を撮って参考にしたり見に行ったりしました」
「あとはなんといっても畳コーナーです!個人的に絶対実現したい所だったので、否定派を説得させるのに苦労しました(笑)。イメージに近い資料を探したり、実際施工された方の話を聞き資料集めをした結果を力説したり。結果的には自分のイメージ通りの物が出来たと思います」
実際に住んでみての感想・改良したいところ
奥 様:「家事動線を重視したキッチン・洗面・バスに繋がる間取りでしょうか。デッドスペースを最大限に活用した収納スペース。棚っていくつあっても活用しますしね。ベランダを広く取ったので使いやすいですよ。(エアコンの室外機や物干し等で何かと狭くなりがち)」
Iさん:「断熱性が良く、風通りが良い(夏場エアコンを切っても涼しさが続く)のでとても快適です。非電化住宅です。エコロジーな高効率給湯器で強力給湯・暖房の一台二役。ガスファンヒーター用コンセントも各階に設置済みで煩わしい灯油給油は不要。更に温度の立ち上がりが早く、かつ空気が汚れにくく乾燥し難いのでいつも快適。檜の無垢板はフローリングの様に冷たくなく、素足でも温かいです。小さい子供が居るので畳コーナーの段差がちょっと危険かなと思っていましたが、登ったり降りたりして遊んだり、おやつを食べる机代わりにちょうど良い高さで喜んでいます。」
これから家を建てる人へのアドバイス
Nさん:とにかく、現場をまめに訪問する事です。自分の目で見て・職人さんと対話する事で信頼関係が得られ良いアイデアが生まれると思います。あと、打ち合わせ記録は記憶では無く議事録などに記録しておくことも大事でした。自分の思い描いているイメージ・案などを部分的でも良いから写真やメモで記録しておくとすごく伝わるようになりました。最終的に、コストをかけるところと省く所を、よく検討する事などではないでしょうか。機能性・耐久性に関わる部分は惜しまずに。
クリエイトに一言
Nさん・奥 様:「一言では言い切れません。迷った時・思うようなイメージが見つからない時には分かり易い資料や的確なアドバイスを頂き、打ち合わせを何度も重ねて吉岡さん・職人さんと一緒になって家を建てたという気持ちで一杯です。自宅完成後もクリエイトさんの建築案件や吉岡さん・職人さんはどんな様子なのか気になり、自分達が現場を訪問したり、吉岡さんも自宅に何度も訪問頂いたりしていますが、いつも「何か有ったら遠慮無く言って下さい」と快く対応して頂いています。この事も吉岡さんがよく言われている「家は買う物ではなく、建てる物」という中で生まれた信頼関係だと思っています。本当にありがとうございました。そして、今後ともよろしくお願いします」
吉 岡:「ありがとうございます」
flathouse
flathouse