施主様インタビュー

つながる × エピソード
クリエイトの家に住んでいる施主様インタビュー

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 自然素材を使ってゆったりとした和風の平屋造

-FLAT HOUSE-
F様
駅家町

自然素材を使ってゆったりとした和風の平屋造

建築の動機。
ご主人様:元々家があったのですが、もう古かったので、崩して新しくしようかと思っていました。 建てるのか、リフォームにしようか迷っていた時にクリエイトコーポレーションの吉岡さんの勉強会があって参加しました。
どっちみち家はリフォームなり建てるなりしようと思っていたので。嫁の方はリフォームよりは新築を建てたいと思っていて、勉強会へ行って、建てよう!と。

ー旦那さんの心を決めたのは勉強会?
ご主人様:吉岡さんのところで建てるとこを決めたのは、やはり勉強会ですね。すごくわかりやすく丁寧な勉強会でした。

ーウッドデッキが素敵ですよね!

ご主人様:こども達がいるので、夏はあったかいから遊ばせたいし、BBQもしたいと思って。
吉岡:床は杉のフロアなので、普通だったらウッドデッキは色塗装するんですけど、あえてそのままにして、LDKとつながるイメージでクリアー塗装して拡がるようにしました。
ご主人様:吉岡さんの提案で、窓を全部解放できるようにして広くなるようにしました。
プランでこだわったところ
奥様:やっぱり平屋ですね。平屋がいいなという話は主人としていました。

ーどうして平屋に?

ご主人様:便利がいいですよね。今実際住んでいる家は2階建てですが、2階って使わないようになるんですよね。1階だけでも生活が出来たらいいなと。
子供達が大きくなって2階部分を子供部屋にしたら、子供たちが2階にあがったっきりになるかなと。平屋なら家族みんなで過ごせるかなって。

ーここだけは外せないというのはありましたか?

奥様:やっぱり素材ですね。いろんな家を見に行った時に、やっぱりこ自然の素材がいいな、無垢の木がいいな、って。木のぬくもりとか。

吉岡:断熱材と、壁も自然素材です。さらに漆喰調の珪藻土を塗っています。
普通、断熱材はグラスウールを使うんですが、ここは羊毛の断熱材にしてるんです。
それとIHじゃなくて、電磁波があまりでないラジエントヒーターにしています。
奥さんが、まだ子供さんが小さいからとにかく健康に、体に害のないようなものをご希望でした。
なので、一番最初はガスコンロで考えていたんですが、こうゆう感じでラジエントヒーターがありますよとご提案しました。
ご主人:それなら電化住宅にしてもいいかな、となって。
吉岡:そうするなら、平屋でこれだけの広さがあるので、20年間買い取りの10KW以上のパネルが設置できます。キッチンは、IHではないので電磁波は出ないんです。
奥様:最初はガスにしようと思っていたんですが、オール電化にするならラジエントヒーターにしようと決めました。
吉岡:ラジエントヒーターを決めるのもいろんな資料を見られて考えたのも奥様です。
奥様:健康にこだわって、いろいろなものを調べて、考えて、見に行きました。
建てるまでの苦労話など
ご主人:間取りは、最初に予定していたものとは、何回か変えました。
家の中に行き止まりがないようにしたかったので、全ての部屋ごとに2つドアがあります。
最初出してもらった案は和室だけが仕切ってあったのですが、それよりはグルグルとどこへでもいけるように出来た方がいいと思いました。

あとは、ウッドデッキの変更もありましたね。
始めはリビングから繋がっているような形ではなかったんですが、 それよりはリビングから自由に出れるようにしたいな、と考えたてで今のような形になりました。

子供達も育てながら、仕事をしながらだと、いろいろと考える時間がなくて、吉岡さんに、どうですか、考えておいてくださいね、と言われても、なかなか時間がなくてというのが結構ありました。 それでも、これからずっと住む家だから考えなきゃいけないと。

吉岡:いつまでに建てようと言うのはなかったんですが、消費税がアップするので、9月までに契約したい、というのがありましたね。
吉岡社長への印象
奥様:すごくマメな方だと思います。
ちょっとした用事でもすぐ家に来てくださって、すごく助かりました。 ちょっと心配事があっても質問したらすぐ解決してくれて・・・
ご主人:人柄がすごくいいですよね!どっからどう見ても悪い人じゃない(笑)
実際、吉岡さんに頼んで建てようと思ったのも、人柄に惹かれた部分がすごくあります。 他の業者もいろいろ廻りましたが、「この人になら任せてもいい」って思えたのはすごく大きいです。

奥様:それに、吉岡さんが同じ地元出身と聞いたのも安心しました。
これから建てる人へのアドバイス
奥様:いろんな建築会社を時間をかけていろいろみて、焦らずにゆっくりでもいいので考えて行った方がいいと思います。
旦那様:なんとなくではなく、「こういう家が作りたい」というビジョンをしっかり持ってから建てた方がいいと思います。
この家も結構長く考えましたし。うちと一緒くらいに建てだした家でも、もう建ってしまって住んでるのが当たり前くらいだと思います。相当長い時間時間をかけてゆっくり建てました。
後悔がないように建てようと言い出して、1年くらいいろいろ回ったり考えたりしました。
奥様:今は生後1ヶ月の3人目の子どもがいますが、勉強会へ初めて行ったときは、真ん中の子(2歳)を妊娠中でした。
なので3年くらいですね。

吉岡さん、これからもよろしくお願いいたします。

吉岡:こちらこそよろしくお願いいたします。
在来工法
木造平屋
屋根:平瓦
太陽光パネル:パナソニック 10.08KW
外壁:ケイミュー 親水サイディング
内部仕様:剛床+杉板クリア塗装
断熱材:羊毛 内部壁 珪藻土
住宅設備:キッチンLIXIL リシェル 13 2550
ラジエンヒーター、カップボード
ユニットバス:クリナップ アクリア1616
トイレ:パナソニック アラウーノS 手洗い付き
洗面台:LIXIL  ピアラ
ウッドデッキ:米杉クリア塗装
flathouse
flathouse