施工事例・家づくりLIVE

クリエイトの丁寧な家づくり

  1. HOME
  2. ブログ
  3. リフォーム施工事例
  4. 母屋の大改造

母屋の大改造

駅家町F様邸
完成:2011.1.25  工期:2011年1月30日

Before⬇︎⬇︎⬇︎


【お客様のコメント】
インターネットで、いいリフォーム業者を探していたんです。
その時に、施工例と現場の毎日変わる様子が写真でしっかりとでていて「信頼できそうだな」と思ったのがきっかけです。
すぐにクリエイト・コーポレーションさんに、訪問して話を聞いてみようと思いました。
後日、御幸町にある事務所を探して訪ねました。いきなり行ったのですが、たまたま吉岡社長がいてくれて対応してくれました。

吉岡社長の顔をみてもピンときませんでしたが、その場で名刺をもらってびっくり!
私の高校の同級生の吉岡くんだったんです。思わず、声をあげましたね。二十数年ぶりの再会が、ネットで探した先の工務店さんの社長だったんです。

なんといっても、吉岡社長の懐の深と、心の広さ!これにつきます。
無理を承知でこちらの希望を言っても、あっさりOKしてくれるんです。これは、ほんとうに助かりました。リフォームをしながらも、突然変更したくなったり、追加で「これはこうしたい」「あれは、そうしたい」などとわがままな注文をしても、笑顔で対応して、いい仕事をしてくれる。本当に楽しくリフォームができたのは、吉岡社長のおかげです。

現場が常にきれいでとても丁寧なのは、社長の考えがきちんと大工さんに伝わっているからでしょう。我が家を担当してくれた大工は三井さん。三井さんは本当にすごい人です。
クリエイトさんは、いい大工を専属でずっとつけてくれるんです。確かに工期はけっして短くはありませんが、腕のいい大工さんにはじめから最後まで関わって頂き、自分の思いをたくさん聞いてもらえたという喜びはこの上ないものです。
大工さんから、たくさんの事を教わりました。このひとなら、全て任せたいとおもい離れのリフォームだけでなく母屋もお願いしました。

我が家は母屋と離れがあるのですが、両親が母屋に、私たち夫婦が離れに住んでいました。離れにはキッチンやお風呂、トイレがなく母屋で使用していました。
でも、両親の部屋を囲むようにお風呂やキッチン、トイレがあったため、生活時間が異なる2世帯でしたのでお互い気を使っていましたね。
そこで、離れにお風呂とキッチン、トイレを新設する事にしたんです。
僕自身が、必要な物はインターネットで購入するのが好きなので「キッチン」「トイレ」「システムバス」まで、全部ネットで買いました。
そんな施主支給の設備でしたが、吉岡社長は快くそれにあうようなリフォームや使い勝手を考えてくれました。吉岡社長の「施主さま優先」という熱い思いが嬉しかったです。

今は、離れで夫婦が暮らしていますが、将来息子の家族がかえってきたら、息子家族には離れに住んでもらって、両親と私たちが母屋で2世帯同居をすることになります。どうせなら早く準備をしておこうと、母屋のリフォームを考えたのです。
2世帯同居できる間取りにリフォームしようと考えたのですが今の造りでは限界があると思い、両親の部屋を日当たりのいい南側に増築することにしました。
間取りを変えない分、建て具もそのまま使い最小限の費用で最大限のリフォームができました。
あとは和室の天井が無駄に高かったので、このスペースに念願の中二階物置部屋をつくりました。
母屋と離れの間にあった物置部屋も壁を作り、一部屋増やしました。
収納スペースがたくさんできて、妻も喜んでくれました。平屋同様の母屋が二階建と引けをとらないスペースが確保できたのです。
築75年の趣ある和風住宅の古き良きところは残しながら、快適に暮らせるように最新の設備を取り入れましたし、クロス一つにしても妻と好きなのをゆっくり選べたので
大満足の家となりました。そういった、過程が家族の絆をさらに深めてくれたようにおもいます。リフォームを通して家族で話し合う時間が20年分くらい取り戻せたような気がします。

「家は人任せではいけない。家族全員が参加して建てるもの」と吉岡社長に教わりました。
家をたてるにもリフォームをするにも、各戸さまざまなドラマや意味があるのではないでしょうか。
我が家の家族の幸せの行く先をしっかりとクリエイトさんに照らしていただけたと思って本当に感謝しています。ありがとうございました。

関連記事

flathouse
flathouse